ブログで1年チャレンジ!腹筋ローラーの効果はあるのか?【0か月目】

挑戦シリーズ 雑記

本企画はこんな方におススメ!

  • 腹筋ローラーってどの程度の効果があるの?
  • 効果が出るまでの期間が知りたい!
  • このアイテムなんか怪しい!

こういった疑問を筆者自身の体で検証していきます。サムネイルの画像は執筆現在(2020年元旦位)の筆者の体です。なお、本記事は東大大学院にて筋生理学を修了した筆者が執筆しております。筋トレ歴は5年でトレーニング回数は累計1000回以上です。

ブログで1年チャレンジ!腹筋ローラーの効果はあるのか?【0か月目】

f:id:e5010010:20200102205406j:plain

腹筋ローラーとは?

いわゆる「コロコロ」です。両手でハンドルを持ち、前後に転がしながら腹筋を鍛えていきます。

余談ですが、あのGacktさんも腹筋ローラーを使っています。嵐さんの番組やダウンタウンさんの番組でもそのトレーニング姿が放映されているのでご覧になられている方もいらっしゃるかもしれません。

Gacktさんと言えば、衰えぬ肉体美で有名ですので、この腹筋ローラーもその肉体の一端を担っているのかもしれません。

科学的に効果は検証されているのか?

筋トレアイテムには効果があるのかどうか怪しいものが多いです。人によってはこういったアイテムに対して、何となくチープに感じたり、インチキ臭いと思われることもあるかと思います。

しかし、腹筋ローラーについては科学的なエビデンスが存在します。

2006年の研究にて、色々な種類の腹筋トレーニングを実施した際の筋電図が比較検討されました(1)。つまり、どんな腹筋トレーニングが効果的なのか調べた研究です。その結果、腹筋ローラーは腹筋の上部、下部ともに十分に鍛えられるという効果が確認されたのです。

メンタリストDaiGoさんが効果ないっていってたけど??

DaiGoさんが2018年7月のYotubeチャンネルにて、腹筋ローラーは効果がないとおっしゃり、少々議論の的になりました。この発言の意図はこういうことだと思います。

「脂肪が乗っている状態で、いくら腹筋を鍛えたところで割れて見えることはない。よって腹筋ローラーは効果がない。そんなことするなら体脂肪を落としたほうがマシ。なぜなら腹筋は誰でも元々割れていて、それが脂肪で埋もれて見えなくなってるだけなんだから」

これは確かにその通りなのですが、「腹筋ローラーに何にも効果がない」という風にも解釈できてしまうため、少し問題になったのかなと思います。

実際には先ほどの研究が示す通り、「筋肉が鍛えられる効果」は実証されています。

仮に同じ体脂肪率でも、腹筋が鍛えられている場合と鍛えられていない場合を比べると、腹筋(シックスパックの部分)の盛り上がり具合が違うので、今よりかっこいい見た目になることでしょう。

腹筋ローラー開始前の筆者の体

f:id:e5010010:20200102203419j:plain

簡単な紹介

現在の筆者の身体について簡単にご紹介します。身長は180㎝、体重は85㎏、体脂肪率は13~15%ほどです。画像を見る限り、腹斜筋(わき腹に斜めに入っている筋肉の筋)と中央部分にはうっすらと割れ目が見えます。

元々肥満体ではないのですが、だからといって人に自慢するほどでもありません。これが1年でどのように変化するのか検証いたします。

腹筋ローラー以外のトレーニングもします

1つご留意いただきたい点があります。私は筋トレ初心者でなく、5年間BIG3中心にトレーニングしてきました。※BIG3…筋トレの代表的種目です。ベンチプレス、スクワット、デッドリフトを指します。

検証中もこれらのメニューを継続していく予定ですので、仮に腹筋がバキバキになったとしても、厳密には「腹筋ローラーだけの効果だ!」と言い切ることはできないです。特にスクワットとデッドリフトは全身運動なので、腹筋も副次的に使われます。

しかしながら検証中に、腹筋をダイレクトに鍛える種目は腹筋ローラーだけにする予定です。

そのため、腹筋ローラーの効果を測る一定の目安には間違いなくなると思っています。

ですが、研究のように超厳密な環境下での検証でないことだけはご了承ください。よろしくお願いいたします。

なお、本企画の更新費度は月に1回ほどになる予定です。その都度、身体の変化や1か月のトレーニングメニュー等を公開いたします。

腹筋ローラーでの肉体改造にご興味がある方は是非ともご覧ください!!

本日は以上です。ありがとうございました!

参考文献
(1)Escamilla RF, etal.(2006) Electromyographic analysis of traditional and nontraditional abdominal exercises: implications for rehabilitation and training.